IFTTTが有料に

ここ数年でIOTの世界を目に見えて便利にしてくれたのはネイチャーリモやAIスピーカーなどであるが、裏方の世界ではIFTTTとよばれる仕組みが、その便利さをささえている。

例えば
「ただいま」と言えば「照明が点灯する」
「テレ東」と言えば「チャンネルが7チャンネル切替る」
「お風呂を沸かして」と言えば「お風呂のお湯が沸く」
この様に、声で家じゅうの家電が動作するようになったのはIFTTTという仕組みのお陰なのである。

通常家電など電気製品を制御しようと思うとコンピュータプログラミング言語を操って命令する必要があるのだが、このIFTTTはノンプログラミングで簡単に各家電類や家じゅうのモノを制御する事ができるのである。

その便利さ故、筆者は家じゅうのモノをAIスピーカーを用いて声で制御できるようにし、大変便利な生活を送って来たのであるが、2020年11月19日に、突然それらが全く動かなくなったのである。

当初、動かない原因が全くわからず、又、この便利な生活が突然機能しなくなったことの焦りから少々困惑した。

あれこれ試行していて、ふと、あるメールを思い出した。

それはIFTTTからきていた英文のメールなのであるが、筆者は英語がからっきし不得手なのでそのメールを見なかった事にしていたのであるが、改めてそのメールを解読にトライしたのだが・・・・

そのメールには以下のような衝撃的な事実が記載されていた。
——————————————–
拝啓
これからIFTTTは有料になります。
勿論これまで通り無料でも使えますが
無料で使える命令は3つ迄です。

それ以上の命令をご利用になる方は、是非有料プランに切り換えて下さい。
早めに有料プランを選択頂くとスペシャル特典として年額千円で利用可能に・・・
暫くするとその特典は適用外となり限定特典として年額4000円に・・・・
一年後に有料プランを選択する方は、全ての特典の適用外となり年額1万2千円となります
早めに有料プランへ切り替える事をおすすめします。
————————–

冒頭に述べたように筆者の英語力はからっきしなので、翻訳サイトなどに頼ったのであるが、意味は理解できた。

非常に困ったのだが、これまでの便利な生活を一日でも早く取り戻したくて早速有料プランへ切り替えた。

直ぐに元の便利な生活に戻るものと思ったのであるが、命令しても動かない。反応もない。

焦りで額に汗がにじみ出て、苦労しながらIFTTTに登録した色々な「マイアプレット」と称する登録済みの命令を覗いてみた所、マイアプレットの最後の一行が全て未選択になっていて、命令が動作しない様になっていた。

登録済みの100以上のアプレットを一つずつ手直ししていったのであるが復旧までにまる一日掛かった。

今回の事件で改めて身に染みたのは、AIとIOTで便利に動かしている家じゅうのモノが100を超えていた事に改めて驚いた。

「僕はもうIFTTTの無い以前の生活には戻れない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA